長く使い続けられるシーズヒーターにはメンテナンスが必要です

最近では遠赤外線ヒーターというものが人気となっています。さまざまな種類の遠赤外線ヒーターが登場していますが、スイッチを入れた時に赤くなることが特徴です。一般的に電気ストーブというと遠赤外線ヒーターを指すことが多くなっており、ニクロム線電気ストーブやハロゲンヒーター、カーボンヒーター、シーズヒーターなどの種類があります。遠赤外線ヒーターは他のヒーターと違い、部屋全体を温めることはできません。ピンポイントで当たった人を温めるということが特徴であり、夏に使われる扇風機のようなイメージです。遠赤外線ヒーターは温まるスピードが速いことや本体価格が安いというメリットがあります。デメリットは温まる範囲が狭いということであり、部屋全体を温めたい場合はエアコンなどを使うと良いでしょう。

ピンポイントで温めるヒーターです

シーズヒーターなどの遠赤外線ヒーターはピンポイントで温めたい場合におすすめのヒーターなのですが、赤くなっている部分に触れてしまうと火傷してしまうこともあるので注意しましょう。特に小さい子供がいる家庭では気を付けて使う必要があります。遠赤外線ヒーターは暖かさの元となる発熱体の違いにより、いくつかの種類があります。熱効率性や遠赤外線の放出量なども変わってくるため、それぞれの特徴を知っておくと良いでしょう。ニクロム線電気ストーブは最もシンプルな遠赤外線ヒーターであり、単純な作りなので価格が安くなっています。しかし、他の種類と比べてパワーが弱いというデメリットもあります。ハロゲンヒーターは発熱体にハロゲンランプを用いたヒーターであり、人体に吸収されにくい近赤外線を多く放出することが特徴です。ハロゲンヒーターの上位機種がカーボンヒーターであり、こちらの方が主流となっています。

シーズヒーターの特徴についてです

シーズヒーターはカーボンヒーターより高い遠赤外線放射と破損しにくい発熱体を使っていることが特徴です。ニクロム線を絶縁体で包んで金属管で覆ったものを発熱体としており、カーボンヒーターと同じようにスポット暖房として利用することができます。しかし、遠赤外線放射量はカーボンヒーターより高いですし、安全性が高いというメリットもあります。発熱体を覆う石英菅は割れてしまうことがありますが、こちらは金属管を使っているので水がかかっても破損のリスクは少ないです。ちなみに、この金属管にコーティングしているものの違いにより、メーカーによって呼び方が異なっています。遠赤外線ヒーターの中で最も赤外線の放出量が多いとされていますが、温まるのに時間がかかるというデメリットもあります。