導入によって起こる周囲への影響力RPAとは

RPAとは

RPAとは、ロボティック・プロセス・オートメーションの略で、これまで手作業で行っていた業務を自動化するツールのことです。人間の代わりにソフトウェア型のロボットがデータの収集、統合、入力まで行います。比較的新しいITツールではありますが、2016年頃から日本国内でも多く使われるようになりました。RPAができることの例としては、データ入力やコピー&ペーストなどの手順が決められている業務、電話対応やメール対応などのサポート業務、情報の収集や分析、ITシステムのメンテナンス業務など、ルールが決められている単純作業が中心となります。その都度、臨機応変に判断するようなものは求められませんが、単純作業をRPAに任せ、その分人間が考えて行う作業をするというように役割分担をすれば、効率よく業務を行うことができます。

RPAの導入によるメリットとは

RPAを導入することで、様々なメリットを得られます。まず、業務を自動化することで作業効率が格段に上がります。RPAとは疲労がないロボットなので24時間365日稼働でき、人間よりも速いスピードで与えられた指示通りの業務を行えます。そして、正確で一定な作業により、今までどうしても避けられなかったミスもなくなる為、業務の品質を高めることができます。また、これまで人間が行っていた分の単純作業を、教育の必要がなく即戦力となるRPAに任せることで、その他の業務に人員を配置することができ人件費の削減も可能になります。人件費が下がれば、固定費を下げることもできるので、企業の利益向上にもつながります。さらに、労働力不足の解消にもなるので残業が減って労働環境の改善が期待できる為、働き方改革にも大きく貢献できます。

RPA導入における手順とポイント

では、RPAとはどのように導入していけば良いものなのでしょうか。まず、どのような業務の為にRPAを導入したいのか洗い出します。国内外で様々なRPAが出ていますので、洗い出した業務を自動化できそうなものを探し、いくつか絞り込みます。そして仮導入をしてみましょう。本格導入してからトラブルが発覚するのを避けるためにも、仮導入の段階で自社の業務と相性が良いかどうか、求めている業務の自動化がきちんとできるかどうか確認する必要があります。そして正常な動作が確認できたら本格導入するツールを検討し、決定します。導入コストと運用コストを考え、見合ったものを検討しましょう。導入後は効果の検証を行いましょう。問題があれば改善していくことでRPAの導入効果を上げていくことにつながります。RPAを最大限に利用して効率の良い業務を行えるようにしましょう。