今後の近未来を変えるRPAとは何かを説明します

RPAとは

RPAとは、ホワイトカラーの業務をロボットが代行することを言います。そのロボットはパソコンやサーバー上に有って、ソフトウェア型のロボットとなっています。これまでロボットと言えば、製造業のブルーカラーの業務を代行することが主なものでした。RPAは仮想知的労働者とも言われ、ホワイトカラーのデスクワークを自動化するものです。ホワイトカラーの業務と言っても、定型化された業務は多く有ります。例えばいくつかの資料を検索して、それらを1枚の業務指示書にまとめるような業務は、プログラミングによって定型化することが出来ます。そのような業務をソフトウェア型ロボットで行えば、スピードは速くしかもミスなく出来ます。さらに24時間休みなく稼働できるので、人間が対処する時間に比べれば、何倍もの速度で仕上げることが出来ます。

パソコン上に記録したシナリオ通りに動作します

RPAはホワイトカラーのデスクワークを効率化、自動化する仕組みです。ホワイトカラーがRPAに任せたい仕事をパソコン上で実践します。すると、その手順を動作ルールに置き換えてパソコン上に記録します。そして、次回からはその記録に基づいて仕事を代行するという流れになります。操作手順のことをシナリオと呼びますが、このシナリオ作成において、プログラミングの知識は不要です。人間にしかできないと思われていた業務をRPAが代行することにより、担当者は別の仕事が出来るので、生産性が向上するとともに人材不足の解消にも役立ちます。また、人間の集中力には限界がありますが、RPAを使うことにより、人的ミスが防止できます。さらに、RPAとはロボットですから曜日や時間に関係なく仕事が出来ることになりますので、休日出勤や残業の削減にも効果が有ります。

RPAが多くの業務を変えていきます

経理の業務でもRPAを導入することによって、大幅に業務を置き換えられることになります。これまでは、購買では、発注と購入の突合せ作業を担当者が行っていたものを、RPAによってパソコン上で突合せを行い、合っていればそのまま支払処理へ進むということも可能になります。もちろん、経理上の他の作業への展開も可能ですし、総務や人事においても、RPAが代行できる業務は多く有ります。すでにブルーカラーの業務では、ロボットは戦力となっています。かつてのロボットは大量生産のための道具のように思われていましたが、ソフトウェアとの合体により、多品種少量の細かな作業にも使われるようになりました。RPAとはホワイトカラーの業務を代行する仕組みです。RPAによる業務の効率化と、人間を適切な部署に配置することにより経営の改善が図れると考えられています。