シーズヒーターのメリットデメリット

シーズヒーターは、ハロゲンヒーターやカーボンヒーターと同じ、遠赤外線を放出するタイプの電気ヒーターです。発熱線がステンレスなどの金属のパイプ、鞘(シーズ)でカバーされていることが大きな特徴です。電気ヒーターは放出する遠赤外線の量で性能が異なり、遠赤外線の量が多いほうが、より身体が温まり高性能なのです。遠赤外線の量は発熱線の素材によるのですが、発熱線にコイル状のニクロム線を使用しているシーズヒーターは、ハロゲンやカーボンヒーターと比較して、最も多くの遠赤外線を放出します。そして熱効率が良いこともメリット、電気エネルギーが100%、熱エネルギーになるとされています。大量の遠赤外線と優れた熱伝導効果が、身体を芯からじんわり、しっかりと温めてくれるのです。

頑丈で長持ち、破損のリスクが低いヒーター

発熱線が金属の鞘でカバーされたシーズヒーターは、なんといっても非常に頑丈で、壊れにくいことがメリットでしょう。コンパクトで持ち運びが容易な電気ヒーターは、寒い季節の台所や浴室などの足元などに置かれるスポット暖房として使用されることが多いですが、ぶつかったり、蹴り飛ばすことで転倒させてしまう危険も多いのです。ハロゲンやカーボンヒーターは、発熱線を石英管と呼ばれるガラス管でカバーしているのですが、石英管は衝撃に弱い傾向があり、破損のリスクも高いのです。ヒーター部分に金属の鞘を使用したこのヒーターは、頑丈なので簡単に破損することはありません。そして鞘のなかには絶縁物質として、酸化マグネシウムの粉が入っているため、発熱線であるニクロム線が空気にふれない構造なので、ヒーターの寿命が非常に長いというメリットもあるのです。

温かくなるまで時間がかかることがデメリット

ヒーター部分が鞘で覆われたこのタイプのヒーターは、ヒーターの部分が赤くなりにくく、温かくなるまで時間がかかるため、ついているのか消えているのか確認しにくいというデメリットがあります。うっかり消し忘れることを防ぐため、メーカーによっては本体パネルに、「入・切」の表示や温度の強弱が分かりやすく表示されるタイプもあるのです。そして頑丈で様々な機能がつくため、シンプルで安価な一般的な電気ヒーターに比べて価格が比較的高いことも、デメリットに感じる方もいらっしゃるかもしれません。ほかのヒーターに比べて、破損のリスクが少なく10年以上の長期間使用できるシーズヒーターですが、「すぐに温まるヒーターが欲しい」、「短期間で壊れてもかまわない」といった方には、おすすめできないかもしれません。