こうなっていたのかシーズヒーター

ヒーターは、電気のエネルギーを熱エネルギーに変換して対象物を暖める装置のこと。一般的なヒーターは、電気抵抗がかなり大きい導電物質からなる発熱体に電流を流し、電流が通過するときのエネルギー損失を熱として発生させて加熱する構造を採用しています。ヒーターの特徴は、抵抗体となる発熱体の種類によって変わります。というのも、発熱体の抵抗値、熱伝導率などによって、流した電流に対して得られる熱エネルギーの大きさや、熱の発生速度が大きく変わるからです。発熱効率が高ければ少ない電流で大きな熱エネルギーを得ることができ、省エネ性能が高いヒーターとなります。また、熱の発生速度が高ければ、それだけ、短い時間の間に対象物を一気に加熱することができるというメリットもあります。

シーズヒーターとはどういうもの?

さまざまな種類のヒーターがある中で、省エネ性能などに優れるヒーターとして、シーズヒーターが知られています。このヒーターは、発熱体として、発熱効率が高いニクロム線を用いています。シーズとは日本語では鞘の意味がありますが、その名の通り、発熱体であるニクロム線は、金属製のヒーターパイプで覆われています。ただし、ヒーターパイプもその中のニクロム線もともに導電体であるため、そのままでは両者が接触してショートするおそれがあります。そのため、ヒーターパイプとヒーターパイプ内のニクロム線の間には、絶縁性の粉末物質が充填されています。絶縁粉末によりヒーターパイプとニクロム線が直接接触することはありません。なお、絶縁粉末としては、一般的には、酸化マグネシウムが用いられることが多いです。

シーズヒーターの大きな特徴は?

シーズヒーターでは、ニクロム線がヒーターパイプで覆われ、さらに、絶縁粉末によってニクロム線とヒーターパイプが絶縁されているため、このヒーター全体に曲げ加工を施しても、ショートが起こるおそれはありません。そのため、加熱対象の形状に合わせてヒーターを曲げて沿わせ、効率よく対象を加熱することが可能です。また、このヒーターでは、発熱体としてニクロム線を用いていることから、発熱量が大きいのも特徴です。他のヒーターとして、発熱体に炭素を用いたカーボンヒータがありますが、このカーボンヒータと比べて単位時間当たりに発生する熱量がかなり大きいです。そのため、スイッチを入れると短時間に大きな熱量を発生させることができ、冬の寒い季節においても対象物をすぐに暖めることができます。

「スーパーフラットヒーター」がいばらきデザインセレクション2011知事選定に選定されました。 少ない流量の気体加熱が可能な「少流量気体加熱器」です。 弊社独自の技術。表面積が広く、熱効率の良い平形シーズヒーター「スーパーフラットヒーター」をご覧ください。 環境に配慮した企業活動を推進しています。 他社では「難しい」と断られたテーマもご相談下さい。“熱”分野の精鋭集団が課題解決致します。 シーズヒーターのことならお任せください